<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ヤングフェスタ出演 | main | パウラ・ロサリンによる表現ワークショップ >>

バレエ教室の発表会〜コンテンポラリー作品の振付指導

2018.03.17 | 03:24

ご縁あり、智子先生のバレエ教室の発表会でコンテンポラリーダンス作品の振付をさせて頂きました。

ラ・フィーバレエ教室の発表会、無事終了しました。観に来て下さった方ありがとうございました!
コンテンポラリーダンステクニックは全くの未経験の生徒さんでしたが、バレエテクニック(基礎)はあるので9ヶ月間の練習で仕上がりも良く舞台に出す事が出来ました。

智子先生には良い機会を与えて頂き感謝でした。

 

 

今回は初めてのことだらけでした。

バレエの生徒さんにコンテンポラリーダンスの振付をすること、コンテンポラリーダンスメソッド未経験者であること、音源が普段私が選ばない曲であること。
広島美術センターに田添さんと言う私の尊敬する方がいらっしゃいます。

いつも舞台で一緒になる時は声を掛けて下さっていて、力を頂く方です。

今回の舞台は広島美術センターさんが関わっていらっしゃったので、田添さんもいらっしゃっていました。

田添さんと今回もお話をさせていただき、3つの大変を話しました所、

田添さんが私にかけて下さった言葉は、

「そう言うやり辛い中でもどうにかしていくのが玖島ちゃんじゃん!」と言われ、物凄い勇気をもえました。

いつも難題を解決して素敵な舞台を作っていると、

田添さんの言葉はとても嬉しかったです
田添さんの言葉で自信がなかった私の心が一変し、とても達成感を味わえた舞台となりました。

 


これからもドンドン未体験に挑戦していくぞ!

こんな機会を頂いた智子先生に感謝しかないです。

ありがとうございました!

 

 

バレエ教室の生徒さんに向けて振付をして感じたことは、やはり基本は大切ですね。我が教室も基本を強化していこうと思いました。
そして、イベントも良いのですがやはり舞台に立たないと本当の実力は付かないのだと改めて痛感しました。

 

見せ方の上手い子は、基礎をやろうとしないからある程度たったら止まってしまう。
今は出来なくても基礎をしっかりと身に付けた人は将来的に逆転すると確信しました。
とにかく、DDKの生徒にもコツコツ基礎を教えて行こうと思いました。

DDKも来年こそは発表会をするぞ!

みんなで素敵な舞台を作って行きたいです。

 

●コンテンポラリー ダンス  

●DDK dance create & ダンス教室_活動報告 

●Qoo..さん_活動・振付・出演 

●ART COMPLEX HIROSHIMA 

 

 

スポンサーサイト

2018.09.21 |
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック