<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 志和龍城保育園 ダンス遊び 訪問 | main | 北川鉄工所 100周年記念DVD 振付 >>

演劇引力広島「昼下がりの思春期達は漂う狼のようだ」

2018.02.25 | 12:19

演劇引力広島「昼下がりの思春期達は漂う狼のようだ」無事千秋楽を迎えました。

来場頂いきました方々ありがとうございました。

1月5日に稽古が始まり2ヶ月ほぼ毎日の稽古を通して、丁寧に作られた作品は、昨日無事7回公演千秋楽を迎え、私はやっと安堵の日常に戻りました。
27人の役者さんが1人1人生きた素敵で切なく生きる勇気を感じる作品でした。
私はダンスの振付と指導でこの座組に関わらせて頂きました。
ダンスの振付に関して言えば、演出家の蓬莱龍太さんのこの作品に込められた意図を読み解きながら振付に関わらせて頂きました。
作品の流れ、背景、情景、心情などの、意図にしっくり来る迄、蓬莱さんと役者さんと共に何度も何度も手直をしながらダンスシーンを試し仕上げました。
劇場に入ってからも変わり、楽日の朝も少し変更すると言ったこんな感じで、納得いくまで丁寧に産まれた作品でした。
天才!蓬莱龍太さんと2回お仕事をさせて頂き光栄な事で、全て勉強になる事ばかりでした。
この経験を栄養にダンスに邁進します。
蓬莱龍太さんを始め、キャストの皆さん、スタッフの皆さん、アステールプラザ制作の金沢さん、神明様さん。
ホントにありがとうございました。
新しい学び、出会い、絆、誰かを思う気持ちを味わえた。
大変で、しびれる様な、それはそれは素敵な座組でした♡

スポンサーサイト

2018.09.21 |
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック