<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Ted Stofferによる「表現者のための ワークショップ」 | main | 子育て支援 串戸市民センターにて親子ヨガ >>

あなたと家族の為の「食育・カラダ育」ワークショップ

2017.06.29 | 00:13

あなたと・家族の為の「食育・カラダ育」ワークショップ無事しました!

 

蒸し暑い日でしたが、沢山の方にお集まり頂き、食育、カラダ育のワークショップを終える事が出来ました。

1コマ目は、母と子の為に親子体操を実施。
2コマ目と3コマ目は、食育の講座。
山本先生より食品添加物や農薬のお話をして頂きました。
かなりのシビアな話にマユを顰めた受講者の方々ですが、帰る時は今日は本当に来てほかったと言われてお帰りになりました。
大切な事は、知らないで色んなものを口に入れるのと、知っていて口に入れるのとでは大きな違いがあると言う事だと思います。
知ると言う事はとても大切な事だと思いました。
4コマ目は、ヨガの体験を実施。深い呼吸に合わせてカラダと対峙する事でカラダが変化して行く事を体験し、合わせて心の状態も変化して行く事を体験して頂きました。
特に食の講座では、講座が終っても、個人的に質問の嵐で、話が尽きる事はない状態でした。
次回はいつになるか分かりませんが、どこかでまた「食育・カラダ育」のワークショップを開催出来たらいいなと思います。
お越し下さいました皆様ありがとうございましたm(_ _)m
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間は生涯を通してカラダを育み、カラダの健康を通して心の健康を形成しています。

カラダが病んでいたら心も病んでしまう様に、カラダと心は繋がっている事から、カラダの健康は大切なのです。

健康で豊かな心とカラダ作りをしたいものです。

また乳幼児期において、身体の発達と脳の発達は比例します。

小さい頃から母とカラダを通して運動する環境を作ってやり、母と沢山コミュニケーションをとる事が知能や運動神経を大きく育てると言われています。

母と子の触れ合いを通してカラダ育を育みましょう。

 

もう一つ忘れてはならない事があります。

心と身体の健康を保つためには食は必要不可欠なものですが、あなたの生活で食は、後回しにされる傾向にありませんか?

みなさんと食に関わる全体像を眺めながら、食にはどんなことが起こっているのかを見ていきます。

そして、近所にある便利な店で売ってるモノの裏側はどうなっているのかを知ることで、食生活に向き合いましょう。

このワークショップを通して、ご自身の為、お子様やご家族の為に、より健康で豊かな人生を育む為のヒントをお持ち帰り下さい。

お時間許しましたら、是非お越しください。

親子体操や、ヨガのデモンストレーションも行いますので、お友達がいらっしゃいましたから合わせてご案内よろしくお願いします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

あなたと・家族の為の「食育・カラダ育」ワークショップ

 

日時:6月29日(木)10:30〜(開始10分迄に受付をお願いします)

 

場所:東広島市八本松下組集会所です。(清水川神社ふもとの集会所)

 

内容・時間:

1.)10:30〜 親子体操…体験(親子) 

2.)11:15〜 食・添加物・農薬に付いての講演(一般・お子様連れOK) 

3.)12:15〜 質疑応答や食品の農薬実験やお菓子の裏側の実験を交えながらのお茶タイム(一般・お子様連れOK) 

        (お茶・コーヒーはこちらでご用意します) 

        (お子さんとご一緒の方はおにぎりやおもちゃをご持参下さい)

4.)13:00〜 ヨガ…体験(大人) 

 

受講料:全部受けても1つ受けても500円です。

    受けたい講座のみ受ける事が出来ます。

持ち物:運動し易い服装・筆記用具・水・4.受講の方はヨガマット・

    ※3、を受講される方はお菓子持参です。

    ※2、3、を受けられる方でお子様連れの方は、おもちゃをご持参下さい。

 

定員:´↓こ胴嶌贈隠義函

   定員になり次第締め切らせて頂きます。

   悪しからずご了承下さい。

 

申込・問合せ:

vivify9sense@icloud.com

090−1686−6092

⑴名前

⑵携帯電話番号

⑶パソコンメアド受信可能なメアド

⑷希望受講番号、 ↓◆↓、ぁ

を明記し、お申し込み下さい。

 

申し込み等詳細は以下の、チラシをご覧ください!

↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

2017.10.30 |
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック