<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「プロムナード・ブランシエ」アラン・ミシャール作品展(尾道市立美術館)

2015.10.06 | 23:28
尾道市立美術館
オノミチ・ランデブー アラン・ミシャール作品
「プロムナード・ブランシェ」の
ご案内
 
オノミチ・ランデブー
「プロムナード・ブランシェ」

アランミシャール(美術家)の作品プロムナード・ブランシェ。

プロムナードは散歩、ブランシェは白い、
「白い散歩」という意味です。
見えづらい変な眼鏡を掛けて、尾道の街をアートと捉え街に繰り出して散歩してもらう参加型アート作品。
そのメガネをかけると世界が白く見える不思議なメガネ。
メガネを通して尾道の風・音・臭い・感触・風景・を堪能してください。


ナビゲートパフォーマー
 アランミ シャール
 越智 哲也
 玖島 雅子
 田村 久
 中出 公一郎


日にち:10月10日(土)〜11月14日(土)の毎週土曜日
時 間:14:00〜15:00(※10日のみ15:30~17:00)
参加条件:小学生以上〜
持ち物:フラットな靴(歩き易い靴)・少ない荷物
場 所:スタート/尾道市立美術館内2階広場〜
    ゴール/商店街付近
    ※美術館には戻りません。
定 員:20名(※予約制・当日予約OK)
参加費:入館料で参加出来ます。
    大     人 /800円
      高 校 生 /550円
      中学生以下/無料        
予約先:尾道市立美術館(火〜日・9:00〜17:00
    0848-23-2281


アラン・ミシャール(フランス)
1963 年生まれのビジュアル・アーティストにして振付家。 1986 年から 1993 年にかけて初期作品の演出を行い、クラウディア・トリオッジとのコラボレーションを展開 した。演技者としては、オディル・デュボック、マルコ・ベレティーニ、ボリス・シャルマツの振付作品、グザヴィ エ・マルシャン演出の演劇やジュディット・カエン監督の映画に出演している。 そのアプローチの大きな部分を占めるのは他のアーティストや一般の人たちとのコラボレーションであり、そこ からサイトスペシフィックなイベントが立ち現れる。彼の仕事は彷徨や共同体といったテーマを取り上げてい る。
http://www.alainmichard.org/ 


http://www.onomichi-rendezvous.com/ja/artists/alain-michard/
http://www.onomichi-rendezvous.com/ja/onomichi-rendezvous/


Qoo..さんは、その皆様のナビゲート(誘導)パフォーマーとしてこの企画に関わります。
お時間があれば是非、尾道観光と合わせお越し下さいませ!




 

梅田美春 個展に行って来ました。

2014.04.18 | 14:21
 私の大好きな染色作家、梅田美春さんの個展が、安東のギャラリーで開かれた。
どれを見ても、染めた様に見えない。
まるで描いたようだ。
これは全て染めの技法で仕上げたと言うから凄い。。。
今回は、技法や染める順番をねほりはほり聞いてみた。
聞けば聞く程凄い。。。
私の目標の人。
後を付いて行きますゾ‼️



WORLD ORDER "MACHINE CIVILIZATION"

2013.10.13 | 03:39
 WORLD ORDER "MACHINE CIVILIZATION"
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=r-qhj3sJ5qs


染色作家「梅田美春」さん作品展 

2012.04.21 | 16:21
染色作家の、梅田美春さんの個展を観に行って来ました。
昨年3.11の出来事の後、なにも手につかないで1ヶ月が過ぎ、
3.11の事を思う度に涙あ溢れてきて止まらず、そんな一ヶ月を過したそうです。
そして1ヶ月過ぎたある日、取り付かれたように作品を作り始めました。
震災で亡くなった、大勢の方の尊い命をとこの世の摂理を思い
1年掛けて作品を無心に制作されました。

沢山の無数の線は宇宙に広がる無限のあらわれ。
その中に浮かぶハスの花は、命の象徴。

いつもピカソの様な中傷的な作品を作る彼女が具体的な作品を始めて作られました。
印象は、とても柔らかで細く、丸みを帯びた、そよぐ様な感じを受けました。
美春さんの愛を沢山感る作品でした。
常に変化していく美春さん。
進化を続けていてとても素敵でした。








































Qoo..

ダンサーも脱帽のダンス

2011.12.14 | 03:52
ダンサーも脱帽のダンスです。

映像を観る

Pas de Deux by Daniel Wurtzel - YouTube

Q

1つのネタから広がるアイディア

2011.11.08 | 00:04

_駭辰通じあえると言うのはこう言う事を言うんだなとおもえる映像です。コレは演劇の表現のメソッドに使われたりするやり方。コレを実際使って生活している人間がここにいた!!!

http://www.youtube.com/watch?v=_JmA2ClUvUY&feature=youtube_gdata_player



二人の大人が、こんな会話をしているのではないかと、再現している。暇な大人を発見。

twin baby boys have a conversation ALL GROWN UP - YouTube




そこから、また発展し、悪ふざけの大人。これをユーモアーと言っていいのかは良く分からない。

Talking Baby Bubble Gang August 12 2011 - YouTube


こんなもの紹介してよいのやらと迷いながらの投稿でした。




筋電センサー

2011.10.30 | 04:18
筋電センサー

身体の一部を動かして、音を出す。
動かした部分になにかしらの音が出るようにプログラミングしておく。
そして、奏でた音が音楽となります。

この手法、コレもコンテンポラリーアートの表現の一つでもあります。
テクノの音楽を使い、筋電センサーを使って、
踊ると言う事は最近ではよくやられています。

少し前、山口芸術情報センターで、ダムタイプと、白井剛さんとのコラボで
使われた公演を観た事があります。
結構はまる人ははまるよね〜

ここをクリック↓
Electric Stimulus To Face by Daito Manabe

バナナで・・・

2011.10.22 | 14:26
友人から送られて来たフォト
バナナアート
コレは凄いね〜

ロンドン4

2011.08.31 | 23:43
8月31日水曜日

バッキンガム宮殿にて衛兵の交代式を観る。
衛兵の交代式はある時とない時がある。睦チャンがネットで調べてくれて、今日衛兵の交代パレードがウンよく良く見れそうだ。
しかも1日1回しかない。
時間に遅れないように向かった。
 行ったらなんとま〜凄い人人人人人!
 世界中から、ロンドンにツーリスト達が来て、色んな言葉が飛び交っている中、
宮殿の中は観れなかったけど、どさくさに紛れて、上手いことパレードの通り道の先頭に陣取れた!
 町並みバスやタクシーの乗り物、建築物や、警察官などの制服、などなど、伝統を今だに守っている事に感動した!と同時にその伝統を観光産業としてしつかり運営しているしたたかさも感じた。
イギリス人はSmartかな。おそるべし。
 











テートモダンを観覧。
 ここも大きな美術館だよ〜
ここも無料です。
色んなアーティストが5階建ての部屋にカテゴリーごとに分かれて展示されている。
ミロ展をやっていた。
これは有料だった。
ミロが大好きな私はウキウキ。
今まで観た事ない作品も見れて楽しめた。














コンビにみたいなお店で、すしを買って食べた。
とても×10美味しくなかった。
イギリスでは日本食はちゃんとしたレストランで食べましょう!


ロンドンアイ


最後の目標。
二階建てバスに乗る事。
これが難儀したです〜
あてもなく乗ると迷子になってしまうし、2〜3停留所だと、2階に乗るので、落ち着いて乗っていられない。
そこで調べ上げてテートモダンから、キングスクロス駅までの長距離を乗る事に成功!!
ご満悦な私なのでした。。。




キングスクロス駅 タクシー



色々なガイドブックがあるけれど、私は『ことりっぷ』と言う本のきり離し本がとても役にたった!
本は他社のものとあまり大差はないが、
切り離しの地図達が役に立つ!
これは、初めての人、英語の分からない人でも、一人でロンドンが楽しめる地図です。
ロンドンに行かれる方は是非本屋で手に取ってみて下さい。

ロンドン3

2011.08.30 | 23:52
 30日(火曜)

騎馬隊の交代式を見るためにホースガーズに出かける。
ロンドンは騎馬警官もいて素敵!


国会議事堂に行く。
ここは中に入るのにもの凄いセキュリティチェクが厳しく、国際空港と同じものものしさだ。荷物を全部X線に通す。顔写真も撮って厳戒態勢。周りはマシンガンを持った警官が沢山いて少し恐かったが、現在もここで議会が行われている所を見せてもらうので、しかたない。


大英博物館に行く。
イギリスが植民地時代から集めた物を展示してあった。
ここはFREEなので、貧乏旅行の人はお勧めのスポットです。1日がかりで見る感じかも。
またアート作品の贈呈展示もあり、昔と今が混在するよろず的な感じがした。



売店で仮面を発見。
ダンスで何か約に立つかもしれないと、多量に購入。

ロンドンの地下鉄で面白い現象にあった。
ラッシュアワーに乗り合わせたのだけど、満員になると待っていてもその人達は、次の電車を待つのだ。日本だったら3分後に次の電車が来ると分かっていても、待っている人達は全員乗ろうと頑張り、車内はすし詰め状態になる。ロンドンはそう言う事は全くない。100%未満の乗車なので社内では、隣の人とくっついて乗る事はまずない。日本人よ、狭い日本そんなに急いでどこいくの?だね。

帰宅したら、睦子さんの旦那、Davidが食事を作ってくれていた。イギリスの家庭料理、ねぐらの中のひき蛙と言う名前がついているらしい。真ん中のソーセ−ジが蛙でその外のふわふわとしたものが、蛙のねぐららしい。ねぐらは、卵、小麦粉、ミルク、で混ぜて、オーブンで焼く。美味しかった〜
イギリスの家庭料理の特徴は、夜は炭水化物を摂らない。1プレートの料理と1杯のワインでいただく。実に質素である。私はこう言うの好きだ。



ロンドン2

2011.08.29 | 23:56
 29日(月曜)

ロンドンを見学しに出かけた。ロンドンは日曜、月曜とお休みで、今日は休日に当たる。
コヴェントガーデンでは、沢山の大道芸の路上パフォーマンスをやっていた。




アップルマーケット


テムズ川を渡って対岸に行く。ヘイワードギャラリーで ジョンケイジの個展がFREEでやっていたので観に行った。彼の絵の手法や考え方は実に面白いので、是非機会があったら観た方がいいかも。同時にトレイシーエミンの作品展も観て来た。彼女は強烈だった。禁断の箱を開けて社会に訴える作品を作り続けている。主な作品の手法はパッチワークや手芸。


ヘイワードギャラリー 1階のエントランス落書きが沢山してある。


テムズ川の周辺は、ロイヤルフェスティバルホール、ヘイワードギャラリー、ナショナルシアター、オクソタワー、バンクサイドギャラリー、テートモダン、と約1キロ半に渡って、現代アートがぎっしり。全部観るには1日〜2日いるかも。足が棒の様になるけど、ロンドンのアート事情がここで分かる感じ!





昼食は山盛りのイチゴと パニーニ





ベルリン〜ロンドン1

2011.08.28 | 23:40
 28日(日)
せっかくここまで来たのだから、ベルリンからロンドンに足を伸ばす。
朝、ヒースローを7:30の飛行機。
ヒースローは比較的小さい空港なのに、システムが分からず、チェックインカウンターが分からず、迷いにまよって、やっとチェックに行ったら、もう遅いと言われた。。。
そう。飛行機に乗り遅れたのだ。
次の飛行機が無いか探してもらったら今日1便だけ空いていて、次が11;05。空港であてもなくうろうろして、飛行機に乗り込みロンドン、ヒースローへ〜

ロンドンはむつこさん宅にお世話になる。彼女も文化庁の助成でベルギーに留学をした経験者だ。ヒースロー空港からむつこさんちは地下鉄で約1時間。ロンドンの端の静かな住宅地だ。
到着して、夕方に爆睡してしまい、翌日10時に目が覚めた。よっぽど疲れていたらしい。




睦子さんの子ども。りおたんです。

山本理子 切り絵展

2011.08.19 | 23:48
 8月19日
広島市旧日銀で行われている 
山本理子さんのきり絵展を観に行きました〜
入ったら懐中電灯を持たされて、作品を照らしながら
その後ろに移る影も楽しんでくださいと言われ
色々なところを照らして歩いた。
何点作ったのか??
下の大も紙で作られていた。
細かい〜
凄い数だった〜
この個展終った後、作品を全部焼いたんですって!!

びっくり!!

いさぎいいな〜















山本理子さん



ウィリアム・ケントリッジDVD

2011.06.11 | 23:15
ウィリアム・ケントリッジの展示を昨年の4月に広島現代美術館に観に行って、
そこで、彼のDVDを注文して帰ったきり、、、
全然音沙汰がなかった。。。。。。
さては、詐欺にあったのかと思っていたら、
先日、遅れること1年でようやく届いた。

早速、ビデオ作家の仲間と一緒にDVD鑑賞会を開いた。

彼の世界がとても好きなんだけれど、
彼の常識を覆すと言う言葉が印象的だった。

でも、DVDでは当たり前の風景、事実を毎日毎日スケッチしていく。
スケッチしていきながら、どこに逆転の発想が潜んでいるかを考えながら
その切り取った一部に付いてアプローチを掛けていく。

そこから、チャコールの世界。
手作業のアニメーションと言う方法を用いながら、
社会風刺を描く。

この人の続けて行くエネルギーと、
1つのこの事を追求していく執念深さみないなものに脱帽する。
タフだよね〜〜〜〜

http://kentridge.org/



南アフリカの美術家、ウィリアム・ケントリッジ。かつて人種差別が合法だった、その国に疑問を感じ、何かが起きるのを待ち続けたという。

南アで何かが起きるまで描こうと、ドローイングをした。その間、映画や演劇もやった。しかし、何も起こらず、結局、そのまま美術家に納まったのだとか・・・。

ウィリアム・ケントリッジの映画はコマ撮りアニメだ。まず、木炭(チャコール)やパステルでドローイングを描く。次に、そのドローイングを少しだけ映画用カメラで撮影する。そのドローイングに手を加えて、わずかに絵を変化させる。そして、また数コマ分だけ撮影、またまたドローイングを変えてはカメラを回す・・・、 というプロセスを繰り返して白黒アニメにする。

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0+%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8&hl=ja&sa=X&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&prmd=ivns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&ei=5kD0TY-eIImEvAPRqYHBBg&ved=0CD4QsAQ&biw=1263&bih=836


1955年南アフリカ共和国ヨハネスブルグ生まれ。 ヨハネスブルグ大学で政治学を パリのエコール・ジャック・ルコックで演劇を学ぶ。 舞台の演出や美術を手がけ、俳優としても活躍後、 1989年に初のコマ撮りアニメ 『ソーホー・エクスタイン』を発表。

木炭とパステルで描いたドローイングを ほんの数コマだけ映画用カメラに記録して、 同じドローイングに手を加えては、また撮影、 またまたドローイングを変化させてはカメラを回す・・・、 というプロセスを繰り返す手法で、情緒的なアニメを製作し続ける。

国際展では、 1997年「ドクメンタ10」、1999年「ヴェネチア・ビエンナーレ」、 2001年「横浜トリエンナーレ」などに参加。 日本では、 2002年に水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催した 「スクリーン・メモリー」展にも出品し、2008年より大規模な個展「ウィリアム・ケントリッジ――歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……」展 が、京都国立近代美術館、東京国立近代美術館、広島市現代美術館を巡回。

ウィリアム・ケントリッジ――歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……」展

http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2009/376.html

秀谷書道展 −最終日−

2011.02.14 | 23:10
 毎日手伝いに行っていたので、
4日目の日曜日は妹が手伝いに行ってくれた。
4日は日曜日だったので、かなり大変だったようです。

今日は5日目最終日。
初日と同じくらいの入場だった。
しかし、ギリギリで秀谷さんの作品のファンが訪れていました。

秀谷さんお疲れ様でした。
そしてお手伝いをして下さった方々ありがとうございました。
そして、書道展に足を運んで下さった方々ありがとうございました!



作品の説明をする秀谷さん





村上さんが好きだと言っていた、作品です。
私もこれを見ていると勇気がわいてきます。


帰り
三原は急に雪が降って見る見るうちに降り積もり、大変な事になってしまいました。
やっとの思いで峠を越えて、三原インターに到着。
が・・・
広島は全く振っていなく、ビックリ。
これは3日目の日と逆のパターンだ・・・・
私の行く所雪ありの書道展でした。

秀谷 書道個展 −3日目−

2011.02.12 | 23:09
 朝から大雪。。。。
30分の間にどかっと降り積もった。
高速道路、塩化ナトリウムを撒いてあったんだろうけど
全然追いついていなかった。
私が高速乗った後に高速度緒路が通行と止めになった。
セーフ。
ゲリラ豪雨ならぬ、ゲリラ豪雪だった。

3日目は昨日人手が多かった分、
少ない来場に感じたが、
まずまずの人手だった。

Qoo..さんの大学時代の友達も来てくれて、
今回、秀谷さんの個展にも関わらず、
昨日から同窓会の感じです。




秀谷書道個展 −2日目−

2011.02.11 | 23:01
今日は祝日もあって沢山のお客さんが来てくれました。

KAZOOのパフォーマンスをし、花を添えました。
踊りはBエリアでやりました。
思ったよりお客さんが多かったので、
お客さんにはコの字に座ってもらい、
私の友達に頼んで、お客さんの整理をしてもらいました。
ありがと!

パフォーマンスの流れは
まずは、
〇笋陵戮蠅塙段愀の琴とのディュオで始まり、
甲便君の琴のソロ、そして、
再び私と池ちゃんが加わり、踊りながら鶴を折っていく流れです。

終った後、皆さんに喜んでもらってよかった〜
小学校中学校時代の友達、親戚、Qoo..の生徒さん等
大勢の人が観に来て下さいました。
ありがとうごさいました。

鶴のパフォーマンスに使う小鶴たちは、
Qoo..の教えているダンスの教室の生徒さんやお母さんが折ってくれました。
西条教室・八本松教室・八幡東教室・リズムッコクラブ体操教室の皆さん
ありがとうございました!!鶴大活躍でした。


朝からにぎやかです。



Aエリア


Bエリア


パフォーマンス開始
パフォーマンスQoo..と甲便君のディュオ


親戚のおじさんが目の前に・・・








友達が観に来てくれました。


ダンサー、琴、音響村上さん、主催者と
下の子ども達は、友達の子どもです。



〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
パフォーマンスとダンスゲームの出前パフォーマンス賜ります!!
琴の演奏とダンスのパフォーマンス
それに加えお客さんと共に行う、ダンスのゲームや歌
そして、簡単なダンスを皆で覚えて踊ったりと
約1時間の時間、楽しいひと時を皆様と一緒に過します。
子ども会、老人会、老人ホーム、デイケア、コミュニティ活動、各種イベント等の場に
出前パフォーマンスをご活用下さいませ。
お問合せやご相談先
kazoo_dance@hotmail.com
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

秀谷 書道個展 −初日−

2011.02.10 | 23:55
 始まりました〜
平日なのですが、
午前中にお客さんが集中しました。
方々から沢山の花を頂きました。
私は受付を担当。
1日中たちっぱなしで大変でしたが、気持ちのいい1日でした。
17:30に閉館ですが、
熱心なお客様は18:00くらいまで熱心に見ていました。





受付から展示室を見た風景・・・かなり広い・・・


ここはEエリア



その後KAZOOのリハーサル。
明日のパフォーマンスに向けての、リハーサルをします。
明日は上手く行きますように!!
写真は、鶴のパフォーマンスの完成写真です。
Bエリアでパフォーマンスします。


秀谷 書道個展−前日−

2011.02.10 | 02:47
 秀谷さんの 個展前日。
搬入と設置。
あまりにも数が多いのでまいってしまった・・・・
何しろ約250点の作品を一つ一つ設置する。
その後、作品の下に作品のタイトルと内容を書いたカードを作品の下に置いていく。
そして、両面テープを取り付けて、
1枚ずつ貼っていく。

リージョンプラザは9時で閉館。
朝の9時から始まって、
ギリギリ終った。
池花だけは最後まで出来ず
今日はひとまず家に帰った。

明日からOpenだ。
とりあえず間に合った!!
明日頑張ろう。



展示室はA~Fまである。
秀谷さんCの展示室で、
箱を片付け中。




手作りの看板もばっちり設置した!


私が教えている広島の教「あひる会」からお花が届いていた。
DDK dance create広島教室の皆様、お心遣いありがとうございました!
秀谷さんの個展にも関わらず、いきなはからいをして頂き、とても嬉し気持ちです。
最終日まで飾らさせていただきます。


「玖島秀谷 書芸展」
◇日にち…2月10日(木)〜14日(月)
◇時間……9:30〜17:30
◇場所…リージョンプラザ展示ホール
三原市円一町2丁目1ー1
(tel/0848ー64ー7555)
◇入場料無料
◇地図
http://www.navitime.jp/imode/index.jsp?p=1001&uid=NULLGWDOCOMO&usersetInfo=1%2C%2C0&atr=2&v=0&notapl=on

「KAZOO パフォーマンス」
◇日にち…2月11日(金・祝日)
◇時間……1回目 11:00〜11:25
        2回目 13:30〜13:55
◇場所・・・・同上
◇入場料無料
◇地図・・・・同上

森村 泰昌

2011.01.09 | 23:14
 

森村泰昌展に行ってきました。

美術館に行くまで、チラシの人物はずっと本物だと思っていました。
このチラシもそうですが、全て森村氏変装しているのです。
驚き。

館内に入ったら、森村氏がなりきっている
アインシュタイン,ゲバラ,毛沢東,レーニン,ダリ、三島由紀夫達でいっぱいでした。
 
ビデオが大画面で写され、
中でも印象的だったのは、三島由紀夫でした。
三島由紀夫が演説をして、その後自害したと言う有名なシーンを再現しているのです。
「静聴せよ!」「静聴せよ!」と叫びながら演説をしているのですが
内容は芸術のセオリーと現実とのギャップを嘆いているものでした。
演説が終わった後に、三島氏側から広場を映したのですが、
そこには現代の人達が実際に映されており、
記念写真を撮ったり、のんびり歩いたりして、
時の流れの残酷さと、過去にあった出来事の空虚さを感じました。
なんとも、シュールな映像。
こんな感じで、ヒトラーの映像も鉤十字のシンボルが「笑」の字になっていて、
森村ヒトラーがしきりに「私は独裁者にはりたくない」と連呼するのです。 
ユーモアとシュールさが交錯している作り方でした。

ただ変装をするだけなら、誰でも出来るのですが、
それをして何をするかなのが面白いのです。 
政治的なメッセージを出す表現合わせ持つことで
作品が数倍にも面白く感じるのでしょうね。
http://www.morimura-ya.com/

 
前観た、ウイリアム・ケントリッジもそうでした。
表現方法は全く違うけれど
ツールを使って表現するものを作り出すのです。
あれも相当好きでした。
http://diary.caikot.com/?eid=1183538


Qoo..

木と玉のコラボ

2010.10.28 | 23:32
101028_154701.jpg
10月28日

東広島のjカフェの2階部分に面白い木が置いてある。

老木なのか葉は1枚もない。
そのかわり、その木の上に玉状になったモノが敷き詰められ、雪が振った後の様に木の上にどっかりとおかれていた。

そとの光りと、遊郭の様な赤い格子とマッチし、不思議な空気を醸し出していた。

101028_154602.jpg







Qoo..

始めまして! 始めました!

2010.07.30 | 05:35
 始めまして Qoo..です。
今日ブログ初日!
まずはテストで書いています〜



修正テープです。
チラシを1万枚印刷しました。
ただ一箇所だけミスプリントがあり、多くの人に手伝ってもらい、
1万枚修正しました〜